交対協だより

【交対協だより】交通事故レッドゾーン半減対策の街頭啓発を行いました(国道1号)

交対協だより

 草津栗東交通安全協会では、草津警察署の呼びかけのもと、草津市、栗東市、草津・栗東安全運転管理者協会等と連携して、夏の交通安全県民運動期間中の7月17日に「交通事故レッドゾーン半減対策」の街頭啓発を行いました。
通勤時間帯の午前7時40分から、国道1号の「国道大路交差点」付近において、関係者45名がレッドゾーン半減対策を啓発する登り旗やハンドプレートを掲げ、通過する車や自転車の運転者に安全運転を啓発しました。

一覧に戻る