交対協だより

草津学区交通安全会「自転車利用者のマナーアップ啓発を実施しています」

交対協だより

 草津学区交通安全会は、草津学区内の各町内会及び学区内の各種団体から選出された委員で組織されています。委員は相互に協力して、交通安全に関する運動や講習会等の開催、街頭啓発などを実施しています。
 近年自転車による交通事故が全国各地で多発傾向にあり、自転車のマナーの悪さが取り上げられています。そこで、草津学区交通安全会では、草津市民センター前道路で「自転車の二人乗りの禁止・左側一列通行の遵守」を呼びかけるとともに、委員がそれぞれ啓発用の「のぼり」を掲げて道路両側に立ち、通行者にマナーアップ向上を啓発しています。
 このほかにも事故防止のため、各町内会に危険個所の点検やカーブミラーの清掃をお願いしたり、危険箇所に看板や飛び出し坊やを設置するなどの交通安全施策を推進しています。

一覧に戻る