交対協だより

【交対協だより】交通死亡事故の発生について(平成31年2件目)

 平成31年2月25日(月)午後7時ごろ、草津市東草津三丁目の交差点で、横断歩道を歩いていた60歳代の男性が、直進してきた70歳代の男性が運転する乗用車にはねられ、死亡する交通死亡事故が発生しました。
 横断歩道では、車ではなく歩行者が優先となります。車を運転する際には、前方を注視し、交差点や見通しが悪い場所では速度を落とすなどの安全走行に努めましょう。
 歩行者は、夜間は反射材を身に付けるなど、事故防止に努めましょう。

一覧に戻る